So-net無料ブログ作成
今日のつぶやき(books) ブログトップ
前の5件 | 次の5件

近藤紘一さんの本読みました [今日のつぶやき(books)]

久しぶりにbookレビューを書こうかと、今まで書いていた記事を読み返したら、こんなこと考えていたのかーと、自分でも忘れている内容があった。
いかに毎日現実逃避のために本読んでいるのか実感してしまった。

本を読むとすぐその考えに感化されるけど、自分の身についていないのですぐ忘れるということなのだ。
でも、記録しておけば思い出すこともできるので、ちょっと記しておこう。


さて、近藤紘一さん。もう亡くなって25年経つ方であり、著作は絶版のものも多いようです。
ホーチミン旅行のところにも書いていたけど、前に読んでいたのはこの2冊。

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3))

  • 作者: 近藤 紘一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1985/04
  • メディア: 文庫

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)

  • 作者: 近藤 紘一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1981/07/25
  • メディア: 文庫

アメリカの傀儡政権とはいえ、自由主義経済を謳歌していた南ベトナムという国がなくなり、ベトナムという国は南北統一された。そんな歴史的な場面を直接見ていた新聞社の特派員の語なので、固いかと思えばそんなことはなく、ベトナムの人や習慣なんかを交えていろいろな場面が描かれていて、難しくなく読めました。

ベトナムという異国の習慣をもつ奥さんの考え方や日本での暮らし、娘さんに対する思いとかとても暖かく、国際感覚っていうのはこういうことかなと思います。
その後の妻と娘シリーズも読むと、特にそう感じます。
バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

  • 作者: 近藤 紘一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1985/01/25
  • メディア: 文庫

パリへ行った妻と娘 (文春文庫)

パリへ行った妻と娘 (文春文庫)

  • 作者: 近藤 紘一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1988/07
  • メディア: 文庫

図書館の書庫にあった古いこの本も読みました。奥さんのナウさんの著作となっているけど、ほぼ近藤さんの著作だろうな。
アオザイ女房―ベトナム式女の生き方

アオザイ女房―ベトナム式女の生き方

  • 作者: 近藤ナウ
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 1978/10
  • メディア: 単行本


印象的だったのはこれらの本で描かれていた、亡くなった前の奥さんのこと。
外交官のお父さんを持った前の奥さんは、転々と外国に住み、英語やフランス語を操れるのとは対照的に、文化的バックボーンを持たなかったことによる自身の身の置き所のなさからの苦悩を抱えていた。
しかし、近藤氏はそのことへの理解がなかったことの後悔を、義理の娘であるミーユンの学校や生活のことのへの逡巡とともに述べている。

国際的な家庭はいろいろ大変なんだなあ。。。と全くそんな心配のいらない自分は思ったけれど、そんなことがあったからこそ、魅力的な著作を残せたのかもしれない。
妻と娘シリーズだけしか読んでいないので、偏った見方かもしれないけど。
妻と娘の国へ行った特派員 (文春文庫)

妻と娘の国へ行った特派員 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1989/03/10
  • メディア: Kindle版


ナウさんとミーユンちゃんのその後がちょっと気になってネットで検索していたら、実は近藤氏が大枚はたいて買ったパリのマンションは、そのナウさんが前のダンナさんと住むために内緒で買ったものだったという記事を見つけた。
なーんかベトナム女性のしたたかさにちょっとショックだったな。

近藤氏の亡くなった奥さんへの心情というのも気になって、↓に載ってる「亡き妻へのラブレター」が読みたいなと思っています。
目撃者―「近藤紘一全軌跡1971~1986」より (文春文庫)

目撃者―「近藤紘一全軌跡1971~1986」より (文春文庫)

  • 作者: 近藤 紘一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1991/02
  • メディア: 文庫

こちらの本は市図書館にはなく、県立図書館で県内のほかの市で所蔵しているものを取り寄せなければならないので読むのにちょっとハードルが高い。
時間を見つけて借りに行こう。

nice!(0) 
共通テーマ:

やっぱりファンタジーでしょ『しゃばけ』シリーズ読みました [今日のつぶやき(books)]

やっと読み終わった本にレビューが追いつきそうだ。

佐渡に行ったとき、8/31で閉店という古本屋さんに立ち寄り、そこで50円で買ったもの。

しゃばけ

しゃばけ

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 単行本
以前友だちのIちゃんが面白いと言っていたのを思い出したのでした。

読み出したら面白く、一気に読了。
すでに10周年となっているこの物語、人気が高いのもわかります。
体は弱いが優しい若だんな、助さん格さんとでも言うべき存在の手代の仁吉と佐助、鳴家(やなり)や屏風のぞきの妖(あやかし)たち。
友だちも言っていた通り、ドラマの配役に脳内変換されていました。(ドラマは見ていないけど)
ファンタジーノベル大賞だけあって、妖怪たちの活躍に事件解決の探偵要素が絡められていて面白い。
宮部みゆきさんの江戸人情もののような読後感もいい。せちがらい日常をひと時忘れさせてくれます。

図書館でまたまた一気に借りました。
ぬしさまへ (新潮文庫)
ねこのばば (新潮文庫)
おまけのこ (新潮文庫)
うそうそ (新潮文庫 は 37-5)
ちんぷんかん (新潮文庫)
いっちばん (新潮文庫)
ころころろ
ゆんでめて
最新刊だけは167人待ちで未読。
やなりいなり

やっぱり楽しい本はどんどん読める。しゃばけワールド、まだ未読が残っているのは楽しみだ。
特に好きな話。
 『ぬしさまへ』収録
  ・空のビードロ
   松太郎のどん底を救った若だんなの存在。心配してくれる人がいるって、幸せなこと。
  ・虹を見し事
   悲運な少女の若だんなへの思い。
   「あのとき、私はどうすればよかったのだろう」と逡巡する若だんながいいです。
 『ねこのばば』収録
  ・産土
   佐助の居場所探し。
   若だんなの存在は、いろんな人(妖?)の居場所を作っている気がする。
 『おまけのこ』収録
  ・畳紙
   屏風のぞきが可笑しくも優しくお雛ちゃんに話しかける様子は、完全に宮迫さんに脳内変換されてた。
   お雛ちゃんの背負っていたものを下ろしてくれた屏風のぞき。
   だれでもそんな存在が欲しいのでは。
 『ちんぷんかん』収録
  ・男ぶり
   若だんなのおっかさんとおとっつあんの一緒になったいきさつの物語。
   優しい懐の大きい藤兵衛さん。
   なのになんで外に子供を??と思わないでもないけど、ま、江戸時代だから
   ということにしておこう。
 『いっちばん』収録
  ・餡子は甘いか
   一番ココロに訴える話かも。
   菓子屋の跡取りなのに餡子がうまく作れない栄吉の失望とそれでも消えなかった菓子作りへの思い。
   修行先の菓子屋の主人の言葉がとてもいいです。。。
 『ころころろ』収録
  ・けじあり
   鬼になるまでもの狂うてしまったおたき。
   それを受けとめることで若だんなを助けることができた佐助。
   物の怪のあやかしの世界でのことではあるけれど、なんか救いがあるお話。
 『ゆんでめて』収録
  ・雨の日の客
   大雨と自分のことがわからぬ訪問者と宝さがしと、物語の世界感が好きなお話。
   おねさんのすっぱりとしたキャラクタがいい。
   しかし、神社の宝が欲しいからって、江戸が大雨になろうが知ったこっちゃないという神官たちって、東日本大震災と原発事故で困っている人が沢山いるっていうのに、総理大臣の椅子に固執したり欲しがったりしてる日本の政治家のようであきれる。

さて、『やなりいなり』が読めるのはいつかな?楽しみです。


※9/12にUPしたつもりが下書きのままだった(^_^; 9/21
nice!(1) 
共通テーマ:

真面目な本も読んでみました『経済危機のルーツ』(野口悠紀雄 著) [今日のつぶやき(books)]

そういえばちょっと真面目な本も読んでいたのでした。

経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか

経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか

  • 作者: 野口 悠紀雄
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2010/04/09
  • メディア: 単行本
今の経済情勢、日本のデフレに至るまでの考察はふむふむそうなのか、と納得できたけど、今後の日本の成長のためにアメリカやイギリスのように金融革命を起こすべき!という提案は、アメリカ国債のデフォルト危機やイギリス各地での暴動騒ぎを見ているとにわかに受け入れがたい。

金融革命は一時的には好景気をもたらしてよかったのかもしれないけど、バブルを引き起こして結果的に混乱を大きくしたのではないだろうか。
もちろんその中でバブルとならない運用をしていた金融機関があったことも事実だから、それを目指せということみたいだけど、そうなのかなぁ。

やっぱ日本人は職人だから?金融が得意なユダヤ人みたいに、すぐにはなれないんじゃないかなぁ。

経済学者さんは、GDPの伸び率とか数値でわかる成長を見てるんだし、もちろんそれも大事だというのも分かるけど、イマドキGDPの大きさと生活者の幸せが比例していないことくらいみんな感じているんじゃないだろうか。
アメリカ型の経済成長ばかり目標にしなくてもいいんじゃないの?
成長を目指すなら海外(アジア)が、私の会社でも言われだしているし、他の会社でもそうだろうと思う。もっと進んでいる会社もあるだろう。

だけど、そもそも今までのような経済成長ができる前提で考えていること自体見直さないといけないんじゃない?
地球の資源は限られているし、その限られた資源を食いつぶしながらしか成長していけないのなら、もっと大きな破綻がやってくるのじゃないのかな。
それが私が生きている間なのか、今の子供たちが大人になってからなのかは分からないけど、そう遠い将来ではないだろう。

経営者は利益を出し続けなければ株主に資金提供してもらえない、経営者は大抵年齢が上だから自分が経営している間にその破綻が来なければ問題ない、だから環境破壊になろうが成長を追い求める。。。
って、これじゃサブプライムローンの破綻を引き起こした、高配当を追い求めるがゆえに莫大なリスクを抱えるCDS取引を行って高い報酬を得ていたマネージャみたいな行動ではないのか。

低成長でも企業活動を続けていけるとか、サスティナブル、循環型社会とか、そういう視点はないのかなぁ。
短期的視点、長期的視点では提言も違うからなのかもしれないけど。

この本が出版されたのは2010年4月。著者は震災後の日本経済についての提言も行っているみたい。
そっちはどんな提言をしているのかわからないけど、気力があったら読んでみたい。
やっぱ、真面目な本は気合を入れないと読めないです。

nice!(1) 
共通テーマ:

高野秀行さんの本、またまた読みました [今日のつぶやき(books)]

引き続き図書館で借りて読んでいました。
面白かったのは、UMA(未確認動物)探しシリーズ。やはり、原点なのでしょうか?
きっとご本人も楽しんで取材してだろうなと思われます。

アジア未知動物紀行 ベトナム・奄美・アフガニスタン

アジア未知動物紀行 ベトナム・奄美・アフガニスタン

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/09/02
  • メディア: 単行本
ベトナムのフイハイ、奄美大島のケンモン、アフガニスタンのペシャクパラングを探すエピソード。
フイハイの話はまるで言い伝えや伝説みたいなんだけど、アメリカ軍が連れて行ったという伝聞まであって、現代なのか昔話なのかわからない。けれど、アジアの山村ならどちらも「よくわからないもの」という意味で同じなのだという考察に納得。
ケンモンは子供の頃は見れたというお婆さんの話は、トトロにでてくるおばあちゃんみたい。
あとものすごく不思議な体験をしているおじさんの話も印象的。
ペシャクパラングはほぼ高野氏の推察どおりの正体と思われたけれど、あまり一般旅行者が行けないアフガニスタンの旅道中が印象に残っている。

怪獣記 (講談社文庫)

怪獣記 (講談社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/08/12
  • メディア: 文庫
こちらも同じくトルコでのジャナワールというUMA探しなんですが、内容が多いので単独で1冊になっています。
一緒に取材しているトルコ人がおもしろく、紆余曲折の探索途中についに目撃!というあたりはちょっと盛り上がって読んでいました。
結果の考察もちゃんとしてあって、読者の疑問回収もされている。
さらなる正体追究にトルコに行ったりしないのかなぁ。

怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫)

怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/09/20
  • メディア: 文庫
こっちもUMA探し!と思って読んでいたら、思わぬ肩透かしが。
多分ご本人が一番がっかりしていたのだろうけど、ちょっと、いやかなり残念だった。


アジア新聞屋台村 (集英社文庫)

アジア新聞屋台村 (集英社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 文庫
一応小説となっているけれど7割くらいは実体験、と別の本かどこかで言っていた話。
アジアに造詣の深い高野氏ならではのアジアの国、人についての観察や考察も面白い。
この新聞社の社長の台湾人女性のことばとして以下のような内容がでてくる。
「欧米人は発明が得意、中国人は商売が得意、日本人はもの作りが得意なんだから、発明は欧米人にまかせて、日本人が作って、中国人が商売すればいいのよ」
(※うろ覚えなので違っていたらすみません)
簡単なセリフなんだけど、ちょっとその通りかもと思った。中国人に日本の商売を乗っ取られたくはないけど、もちろん。
「日本人は職人だから失敗を恐れる、だから失敗を伴うような独創的な製品作りはできない」みたいな意見をどこかで読んだ記憶があるんだけど、この本だったかなぁ。。。
ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)」と同じ時期なのかな?


辺境の旅はゾウにかぎる

辺境の旅はゾウにかぎる

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 本の雑誌社
  • 発売日: 2008/06/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
高野氏とさまざまな人たちとの対談集。大槻ケンヂさんとの対談の「マンセー(慢性?万歳?)ムー脳」がウケた。
いや、私も確かに中学高校と「ムー」読んでました。友だちに借りてだけど。

世界のシワに夢を見ろ! (小学館文庫)

世界のシワに夢を見ろ! (小学館文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/01/08
  • メディア: 文庫
いままでの探検や高野氏の体験のウラ話など。マンガつきで連載されていたせいか、なんか文章のテンションが高い。他の飄々とした中のユーモアという文章とちょっと違和感が。
エピソードのいろいろは確かに面白い。

世にも奇妙なマラソン大会

世にも奇妙なマラソン大会

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 本の雑誌社
  • 発売日: 2011/02/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
西サハラで行われた砂漠のマラソン大会の参加体験やブルガリアでの出来事や名前変更のエピソードなど。
アフリカのボランティアマラソンの様子が興味深い。


とりあえず図書館で借りたのはここまで。
nice!(1) 
共通テーマ:

高野秀行さんの本、さらに読みました [今日のつぶやき(books)]

台風12号、かなり被害を残して去っていきました。
被害に遭われた方、大変だったことと思います。まだ孤立している集落もあるとか。
一刻も早く、救援の手が差し伸べられることを願っています。

今年は本当にあちこちで自然災害が多い気がします。
東日本大震災ももうすぐ6ヶ月ですが、復興はまだまだという感じ。
いまだにできることは募金くらいなので、続けていこうと思っています。

さて、夏休みイベントの記録で忘れていたブックレビューを。
多分7月頃に図書館で借りまくっていた高野本。
まずは基本と初期の作品を。どれもぐいぐい読めました。
幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/01/17
  • メディア: 文庫

学生時代の著作なのに、怪獣を探しに行くという一見ばかげた探検にも関わらず、怪獣の正体?やムベンベが住むという湖が隕石落下でできたのではないかという推測といい、ものすごくまじめかつ鋭く考察されていて、興味深い。
物書きを目指していたわではないらしいですが、すでに才能があったのですねぇ。

巨流アマゾンを遡れ (集英社文庫)

巨流アマゾンを遡れ (集英社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/03/20
  • メディア: 文庫

本当は「アマゾンの船旅 (地球の歩き方・紀行ガイド)」のほうを借りたので、写真も豊富でアマゾン川流域の旅情?を楽しめました。
面白いけど、この本を見てアマゾンの旅に出ようというのは一般旅行者ではないだろうな。

次は、高野氏しか書けないエンタメ・ノンフィクションの力作。
西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)

西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/11/13
  • メディア: 文庫

語り口は相変わらず面白く、笑いを誘う内容にもなっているけれど、かなりの力作と思う。
密林で作者が立ち寄る小さな集落は、おそらく何千年前かの日本人の暮らしなのではないだろうか。
ゲリラ兵士との交流もいくつもの言語を操る高野氏でなければ、なしえないのでは。

アヘン王国潜入記 (集英社文庫)

アヘン王国潜入記 (集英社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/03/20
  • メディア: 文庫

アヘン栽培をしている村に7ヶ月も滞在し、種まきからその収穫までを見届けた記録。
違法なアヘン栽培ではなくてこの村が立ち行くためにはどうすればいいのか、を作者なりにまじめに考えたのだろうなと思う。
最後、一切の荷物を空港に置いて日本へ戻ってきた潔さにもびっくりだった。
一番大事な日記のノートとパスポートと飛行機のチケット、現金。大事なものをここまでそぎ落とせる人でなければ、ジャングルやアヘン栽培の村で暮らすことはできないのかも。

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)

  • 作者: 高野 秀行
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/03/17
  • メディア: 文庫

あまり知らなかったミャンマーという国の様子。あいかわらず、肩のちからが抜けていて面白い。
知られざる少数民族の力関係とか実際の暮らしとか、ミャンマーを江戸時代になぞらえるとか、分かりやすい。
この分かりやすさは池上彰氏をしのぐのではないだろうか。

さらに借りているけど、あとはまた明日に。
nice!(1) 
共通テーマ:
前の5件 | 次の5件 今日のつぶやき(books) ブログトップ