So-net無料ブログ作成

映画『パレード』見ました [今日のつぶやき(movie)]

こちらでは4/3から公開だったので、初日に見に行ってきました。
しかし、本当に華やかな出演者の方々。
映画館の宣伝POPに「メイドで雇ってください!」とあったのも納得です。
未来(香里奈さん)とサトル(遣都くん)

原作を読んでいたので、どう映像化しているのかと思いながら見ていました。
今までとちがう遣都くんの役どころですが、思っていたほど衝撃はなかったです。(覚悟していたからか?)

原作を読んだとき、普段自分の生活している範囲では捉えられない世界と価値観で生きているサトルという存在がもたらす不安が大きくて、これをあの遣都くんが演じるのか!?と映画を見るのがためらわれたくらいでした。
映画は2時間という限られた時間内に収めるため、それぞれの人物の描写もあまり詳しくないので、衝撃も少なかったという感じです。

ルームシェアする4人の生活や性格など、原作のエッセンスが印象的な映像とともに描かれているなと思いました。
(そもそも原作を読んでも、何を訴えたい話なのかよくわかっていなんですけどね。)

4人それぞれが抱える心のちょっと深い部分が、うわべだけの付き合い(?)の中に引っ張り出されて、今までの暮らしのバランスに変化をもたらしてきている。
そしてそれはいつまでもこのままの暮らしを続けられるわけではない、というモラトリアムの終わりを示している。

直輝の行動の説明が一切ないので、推測するしかないのだけれど、それは都会で暮らす者が持つ心の闇の象徴なのかも。
遣都くんが出演していなければ見ることない映画だったろうなぁ。

nice!(1) 

nice! 1