So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

日本橋高島屋 羽生結弦展 見てきました [フィギュアスケート観戦旅行]

Continues ~with Wings~ の2日目を観戦した翌日の朝、入場に並ばなければならないとは聞いていましたが日本橋高島屋まで行ってみました。
180415_20.JPG

ショーウィンドウには羽生氏の巨大写真がズラリ!
ガラスへの映り込みが激しいですが、麗しい写真ばかりなので載っけておきます。

旧ロミオ!
180415_21.JPG

透明感あふれる新ロミジュリ。
180415_22.JPG

オリンピックSEIMEI
180415_23.JPG

バラ1
180415_24.JPG

そして開店前から出来ていた入場列に1F入り口で並び、そのままエスカレータで8Fへ。
開店時刻まで数十分待って、ぐるぐる歩いて入場口へ。
こんなパネルや、
180415_25.JPG

スポンサー企業の広告展示も羽生氏なので、
180415_26.JPG 180415_27.JPG

入場前からそこそこ楽しめます。
号外は主催の読売新聞のものでしょう。
180415_28.JPG

人が多いので写真もなかなかままならないですが、
180415_29.JPG

入口のこのパネルまでは撮影可でした。
180415_30.JPG


展示はノービスの頃の衣裳や小学校の卒業文集から始まり、ジュニア時代の写真パネル、WhiteLegendの衣裳、、、と時代を追って見て行けます。
ソチ以降の試合の写真では、現地で見た試合のものも多く、その旅の記憶と共に演技を思い出していました。

特に見入ってしまったのが衣裳です。
どれも細い!絶対特注トルソーで展示してる(^^;
青パリ散は見ごろのタック内側のスパンコール、SEIMEI(2015シーズン)は細かーい緑色の葉っぱ刺繍と金色ビーズがとても凝っているなと思いました。
新ロミジュリ衣裳も見たはずなんですが、あまり記憶になくて。。。
地元開催の時にもう一度じっくり見ようと思います(^^)

衣裳は本当に細かく、手の込んだ作業で作られていました。
だからそれを大事に着て演技してるんだなと思います。

羽生氏は基本、1つのプログラムでは同じ衣裳を着続けるので、特にそれを感じました。
オペラ座だけは違いましたが、あれは大変なアクシデントがあったからだし...
デザイン画にA案B案(だったか、パターンだったか?)というようなメモがあったような気がします。
NHK杯フリーの日に違う衣裳で現れたのを見て、いきなり隣の人に話しかけてしまったことを思い出します(^^;


衣裳デザイン画もなかなか興味深かったです。
生地サンプルが貼ってあったり、納期のメモがあったり。


混んでいたので一通り見て、会場を後にしました。
グッズ購入にもながーーーーい列ができていたので、並ぶこともぜずアイスショー会場へ向かったのでした。


羽生氏の来歴を見た後でのアイスショーは、内容も過去プログラムの再演だったので一段と感慨深く感じました。
特に楽日のフィナーレ後に羽生氏が語った内容が、ずっと心に残っています。

来年もcontinuesアイスショーが行われるのなら見に来なくては。
アイスショーは期間中1回見ればいいかなと思っていたけど、やはり羽生氏座長のものは別です(^^)

nice!(11) 

羽生結弦 金メダル凱旋公演 Continues ~with Wings~ [フィギュアスケート観戦旅行]

Continues ~with Wings~ 2日間観戦してきました。
まだ頭の中で Time to say goodbye のメロディが流れていて、なかなか現実復帰できてないですが、少し感想を記しておこうと思います。
180414_03.JPG


本当に本当に温かい素晴らしいショーでした。
出演スケーターは少ないですけれど、羽生氏の言葉で羽生氏の思いを丁寧に伝えてくれる内容で、「感謝の公演」というサブタイトル通りの、観客の私たちも温かい思いを受け取れるショーでした。
羽生結弦ファンへの羽生結弦による羽生結弦のためのアイスショー。

180415_05.JPG180415_6.JPG


ハビエルのスペインからのサプライズ中継、ハッピーバースディ・ハビの合唱、インタビューコーナーのプルシェンコさんからの暖かいメッセージ、まさかのニース ロミジュリ衣裳と演技!!!
何度も涙があふれてしまいました。


やっぱり氷上の羽生氏は輝いてる。
ジャンプを跳ばなくても、スケーティングでも、スピンでも魅了される。
スケートしている羽生氏を見れることこそがファンの(と言うより、私の、ですが(^^;)幸せなんだと改めて思いました。
素晴らしいスケーターは沢山いるけれど、やっぱり一番見ていたいスケーターです。


羽生氏の言葉を直接聞けるし、TOIの時も思ったけれど、見れて良かったです。
本当に。。。



しかし、
出発前にCS契約して録画予約したのが、失敗していました(T_T)(T_T)(T_T)
地上波の予約も失敗していたので、レコーダの問題だったようです、残念。。。
5/10~の3日間連続放送を何としても録画しなくては!

色々思うこともあったし、ゆづ友さんとの交流もあった楽しい2日間でした。
日本橋高島屋の羽生結弦展も行ったので、そちらはまた別記事にします(^^)

nice!(4) 

海と夕空 2017 [カメラ散歩]

4月 
2017_sunset04.jpg

6月 雨上がり
2017_sunset07.jpg

7月 釣り人さん2人
2017_sunset073.jpg

8月 金色そしてラベンダー色へ
2017_sunset083.jpg 2017_sunset082.jpg


10月 うねる波
2017_sunset10.jpg


おまけの雪景色
2018_snow01.jpg 2018_snow02.jpg


nice!(3) 

肌寒い春先に [今日のつぶやき]

羽生氏は右足の療養のため、予想通り世界選手権欠場を発表し、ジュニアワールドではクラスノジョン君が転倒によるケガで棄権しエロホフ君が金メダルを取り、クープドプランタンでは草太君が3Lzを決めて成長を見せてくれた今日このごろ。

三寒四温という通り、温かい日があったりやっぱり寒かったりを繰り返して、雪の多かったこの地にもしぶしぶと春がやってこようとしています。

子どもが中学校を終えて、少しほろ苦い気分で高校生活を迎えようとしているこの時期、なんだか自分も数十年前の学校生活を思い出したりします。
教室、廊下と校舎の中庭、体育館、ステージとそこに設えられた幕、ギャラリーから差す光、生徒全員の合唱、などなど。。。

長く人生を歩んで来てしまった今となっては、その中のほんの3年間づつの学校生活であるのに、こうもくっきりと感情の記憶に刻まれているものなのか。
恐らく子供の親として、再び学校という場所に身を置いたことで、思い出すことができたのだと思う。
子どもの学校行事を通じて、自分の体験を重ねて見たり感じたりしているから。
そして、その子どもとの学校生活の時間もあとわずかになって、少し感傷的になっている。

あまりいい思い出のなかった私の中学生活でも、数十年ぶりに友に会えれば、それは懐かしい気分でいっぱいになる。大学とも会社とも違う3年間。


ほろ苦い春であるからこそ、なおさらなのだが。
それでも、その場所で自分の足で歩いて行かねばならない、自分のペースでいいから確実に。
息子よ、頑張ってくれ。

nice!(2) 

平昌オリンピック 男子シングル観戦(9・終)メダルセレモニー [フィギュアスケート観戦旅行]

メダルセレモニーが行われる平昌オリンピックプラザまでは、カンヌンアイスアリーナからシャトルバスで北江陵駐車場、そこからツアーバスで大関嶺駐車場、そこからまたシャトルバスというルートでした。
旧正月渋滞の洗礼を受けたのは、大関嶺駐車場までの道。
恐らく2倍以上の時間をかけて着いたのではないかと、、、最後は歩いた方が速いということでシャトルバス乗り場まで数百メートル歩いたかと思います。
そんな大関嶺駐車場からはアルペンコースとスキージャンプ台が見えます。
20180217_70.JPG

なかなか来ないシャトルバスに乗って着いて、迷って、Fちゃんとはぐれてまた会えてセレモニー会場に着いたら、選手が入場してきた!
20180217_60.JPG

間に合って良かった~~~
落ち着かないままセレモニーが始まったので、詳細覚えてないですが撮った写真。

弾けるハビの笑顔とそれを見つめる優しい笑顔(^^) 笑顔を交わすゆづハビ!
20180217_61.JPG 20180217_62.JPG

表彰台の真ん中に飛び乗る羽生氏。
20180217_63.JPG

流れる君が代、はためく日の丸。胸アツです(T_T)(T_T)(T_T)
20180217_64.JPG 20180217_65.JPG

嬉しそうな3人、笑顔が何よりですね(^^)
20180217_66.JPG

セレモニー自体は10分程度なので、あっと言うまに終わってしまいました。

後から撮ったセレモニー会場。
20180217_68.JPG

参加国の国旗がはためく様子はオリンピックらしいな。
20180217_67.JPG

フードコーナーで買ったおでんと肉まん。あったかい汁物は嬉しい(^^)
20180217_75.JPG

レジに並んでいたら、さわやかなお兄さんが「お手伝いしましょうか?」と日本語で話しかけてきて値段を教えてくれました(^^) ありがたや~。

オリンピックプラザにももちろんスホランがいました。
20180217_81.JPG20180217_82.JPG

会場アプローチのイルミネーション、きれい!
20180217_73.JPG

川は凍っていました。去年の宿近くの川も凍っていたっけ。
20180217_71.JPG



大関嶺駐車場までのシャトルバスへの長い長い列を待って乗り、大関嶺駐車場からはソウルへ戻るツアーバスに乗り換えて、旧正月渋滞を越えて朝方に仁川空港のホテルに着きました。
ここまで渋滞するとは思っていなかった。。。
運転手さん、ガイドさんもお疲れさまでした。
現地ツアー会社の皆さん、親切にして頂きありがとうでしたm(_ _)m
ホテル滞在1時間で空港へ出発し、あわただしく帰国しました。


帰りの渋滞は想定外だったけれど、あの場に居られたことは本当によかったなあと、羽生氏の帰国会見やインタビューを見ながら、改めて感じています。
羽生氏は本当にクレバーだと言うこともですが(^^;


初めてのオリンピックでしたが、観戦チケットは直前になって公式から沢山売り出されたり、買うのが大変と聞いていたKTXが意外にもすんなり買えたりと、後出し情報が多いのには閉口しました。
次回は北京。
羽生氏は分からないけれど草太くんに出てほしいし、また観戦に行けるなら今回の教訓を生かして準備しようと思っています。

nice!(3) 

平昌オリンピック 男子シングル観戦(8)FP後半 [フィギュアスケート観戦旅行]

いよいよ最終G。
ゆづハビとクリケットチームのコーチ達。静かに決戦を迎えている感じです。
20180217_36.JPG

選手紹介の二人。
20180217_37.JPG

ドキドキの最終G。

第一滑走はドミトリ・アリエフ(Olympic Athlete from Russia)
4T+3Tばっちり、4T転倒、3A転倒にジャンプ抜けもあってFP13位、総合7位。
コリヤダくんよりは一つ上の順位でした。
オリンピックの最終Gに緊張したのかな?あまりフリーが得意でないイメージもありますが、、、ワールドでリベンジして欲しい!
20180217_38.JPG

第二滑走、ボーヤン・ジン(中国)
軸の細いきれいな4回転を跳ぶので好きな選手です(^^)
後半の4Tで転倒してしまったけれど、3本のクワド決めてFP194点越え。
総合ではネイサンを上回って暫定1位!
もう片方の隣席は中華圏の方だったので、おめでとう!と日本語で言ってしまいました(^^;
20180217_39.JPG

第三滑走パトリック・チャン(カナダ)は冒頭の4T+3Tを決めたけれど、鬼門の3Aで転倒、FP173点。
いつもの通り、写真はありません(^^;

いよいよ羽生氏、気合の表情。会場も大声援!私も叫んでいました(^^)
20180217_40.JPG

コーチと握手して、後ろ向きにリンクへ。
20180217_41.JPG20180217_42.JPG

SEIMEI、オリンピックの会場に響く雅楽の音楽。66年ぶりの二連覇が決まる時間。
20180217_43.JPG 20180217_44.JPG

冒頭4S、4Tともばっちり決める!スピン、ステップ危なげなく、後半の4S+3T決まったーー!
が、4Tでステップアウト。コンボつけられなったから基礎点の7割かあ、でもまだまだ。
3Aに1Lo+3Sコンボを付けてリカバリ、最後の3Lzで詰まったけれどなんとか耐えた辺りでもう高得点を確信!
最後のコレオステップは会場中すごい声援。メダルは間違いない!!
演技後、降り注ぐプーの雨の中、氷に感謝する羽生氏。。。
20180217_46.JPG

コーチも教え子がやり遂げたことをわかっています。オーサーコーチとブリアンコーチと。
20180217_48.JPG180217_47.JPG


FP206.17点で2位、合計317.85点と総合では暫定1位!
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
隣席の方とも喜び合いました!
しかしメダルの色はまだわかりません(^^;

第五滑走ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
高い演技構成点とGOEを誇る選手ですが、基礎点では羽生氏より低いので恐らく上には来ないだろうなと思っていました。
ミスのない演技、素晴らしい!と思っていたら後半の4Sが2Sに抜けてしまい、FP197.66点で暫定2位。
最終滑走の宇野昌磨くんを残して、日本人選手の金メダルは確定です!
20180217_51.JPG


この時点の points to beat は確か214点台、昌磨君の自己ベストは214点越えなので自己ベストを出したら、金メダル。後のインタビューでも自分でそれをわかっていたと答えていましたね。

全てが決まる最終滑走、宇野昌磨(日本)
冒頭の4Loで転倒!しかしその後はミスなく滑りきる。
注目の点数は、、、202.73点FP3位、総合で2位!
20180217_52.JPG


羽生氏、金メダル!!!!!!!!
66年ぶりのオリンピック二連覇達成です。
会場も大歓声、モニターに写るグリーンルームの羽生氏も泣いている。。。

しかも日本人のワンツー・フィニッシュ、そしてリンクメイトのハビエルも銅メダル。
日の丸国旗を振りながら、良かったね~~~~と隣席の方と喜び合いました。

本当に胸がいっぱいになる素晴らしい瞬間でした。
夜中に起きだしてTVで見ていたソチから4年、この歓喜の場に居られることに、同じ時間空間に居らられることに、ただただ感謝です。
フィギュア史上最高のスケーターを実際に応援できることは、なんと幸せなことだろう。


フラワーセレモニーは、席を降りて通路に陣取りました。
韓国では3位から入場、アナウンスするのですね。
いつもの通り羽生氏はジャンプして表彰台へ。弾けんばかりの笑顔で(^^)
20180217_53.JPG

晴れ晴れとした3人。日本人としても嬉しい限りです。
20180217_55.JPG

フォトセッションの3人。
20180217_56.JPG

カメラの放列の先は羽生氏(^^)
20180217_54.JPG


周回後リンクから上がる時のゆづハビ。
20180217_57.JPG

二人の間には万感の思いがあったのだろうなあ。
ハビがもうオリンピックには出ないことを、フラワーセレモニーの前に聞いていたはずだから。。。


選手が去ってしまったリンクに、私も別れを告げることにしました。
会場の通路に出たところでは、様々な人が嬉しそうに集い、話して、どうしようもなく嬉しい空気でいっぱいでした。
人生をかけて手に入れた羽生氏のオリンピック金メダル。
それは沢山の人々にも幸せをもたらしてくれていました。


この時は右足首の怪我は治ったものと思っていましたが、実は完治してはおらず痛み止めを飲んでジャンプを跳んでいたことを後で知りました。
怪我が治らなくても、無理してもオリンピックには出場するだろうな、と思っていましたが、やっぱりそうだったのかと。
同時にコーチ陣の情報統制や本人のメンタルのコントロールや、少ない時間でオリンピック優勝できるまで仕上げてきた凄まじき集中力などなどへの思いが至って、ホントにホントに凄い人だなあと思いました。


そうと知らないこの時は、ただただ嬉しい気分で次のメダルセレモニーへ向かいました。
旧正月の混雑の洗礼を受けた平昌オリンピックプラザへの移動は次の記事にて(^^)

nice!(2) 

平昌オリンピック 男子シングル観戦(7)FP前半 [フィギュアスケート観戦旅行]

FP当日、前日と同じようにバスに乗って会場到着したら、今日はすごい人!
手荷物検査にも長い列。
180217_02.JPG

会場入場にも長い長い列。昨日と同じ時間なのにびっくりでした。
180217_01.JPG

旧正月のお休みで観戦客が多かったからなのかな??
後で分かったことですが、会場前に入場待ちの行列ができてしまったので、昨日より入場時刻を早めたそうです。

私も列に並んで入場、丁度最終Gの公式練習が始まるところでした。
席を探して歩きながらちょっと写真撮影。昨日より近い場所から写真撮れた(^^)
ドミトリ・アリエフくん。
20180217_12.JPG

ボーヤン。
20180217_13.JPG

ハビ。
20180217_14.JPG

そして羽生氏!なんだかとても嬉しそうな表情で練習していました。
20180217_11.JPG 20180217_15.JPG 20180217_16.JPG


FPは韓国のチケット代行会社で取った席。隣はどこの国の人だろう。。。と思って席に着くと、日本の方でした(^^)良かった、喜びを分かち合える。
試合が始まるまで、会場をうろうろしていたらロステレのクレムリン観光でご一緒だった方とか、ヘルシンキワールドのタリン観光でご一緒だった方とかちょこちょこ知ってる方に会えました。
またまた偶然Eちゃんにも会えて良かった。
こうして久しぶりに会えて、またフィギュア話題ができるのも観戦の楽しみの一つです(^^)


FPも写真撮った選手を載せておきます。

デニス・バシリエフス(ラトビア)
ジャンプミスもあってFP20位、総合19位。オリンピック出場は、これからの彼にいい影響があるのではないかなあ。
20180217_21.JPG

やはりコーチも撮らないと(^^;
20180217_22.JPG

マッテオ・リッツォ(イタリア)
まだジュニアの選手ですが、団体戦から好演技していましたね。FP19位、総合21位。
20180217_23.JPG

田中刑事(日本)
4S決まった!コンビネーションの方は転倒してしまったけど、この成功体験は次に生きるはず。
FPは順位を上げて15位、総合18位。
20180217_25.JPG

モリス・クビテラシビリ(ジョージア)
ジャンプの軸がことごとく外れてしまっていた感じ、緊張したのでしょうか?FP、総合とも24位。
20180217_26.JPG


第2G、似ている衣裳の2人。羽生氏のSPとも似ている(^^;
ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)ダニエル・サモヒン(イスラエル)
20180217_27.JPG

ネイサン・チェン(USA)
SPの不調を晴らすかのような、怒濤の6クワド構成を滑りきり、TES127点のぶっちぎりFP1位!
意地を見せましたね!
20180217_28.JPG

チャ・ジュンファン(韓国)
羽生氏と同じオーサーコーチの選手。4S転倒するも3Aコンボを降りて、FP14位、総合15位。
20180217_30.JPG

ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
4T抜けてしまってFP21位、総合20位。
20180217_31.JPG

ビンセント・ジョウ(USA)
4Lz+3Tを決めて、4F、4S、4T、4Lzの5回クワドを跳んでFP6位と大躍進!
総合もネイサンに次ぐ6位。素晴らしいシニアデビュー!
20180217_33.JPG

アダム・リッポン(USA)
演技構成を落として、映画「バード」の世界を演じました。
キラキラの衣裳でのびのびと滑っている姿が印象的。FP10位、総合10位。
20180217_35.JPG


最終Gは明日の記事にて!

nice!(2) 

平昌オリンピック 男子シングル観戦(6)韓国料理 [フィギュアスケート観戦旅行]

観戦終わって外に出ると、羽生結弦国際ファングループ?と思われる皆さんが気勢を上げていました。
20180216_61.JPG

朝と違ってパークも大賑わい。
今回同じツアーのFちゃんと行こうと思っていたグッズストアは長蛇の列。。。
20180216_60.JPG

買物を諦めて、シャトルバス→ツアーのバスで宿まで戻り、今日こそ韓国料理を!
この日しかちゃんとした食事をとれないので、宿の近で良さそうなお店に入りました。

外観を撮り忘れたので、店内の壁を。でもなんて書いてあるだろう??
180216_80.JPG

メニューに日本語もあって助かる。イイダコとサムギョプサルのセットを頼みました。
海の近くなので海鮮食べたいと思っていたので(^^)

最初にサービス?のモヤシナムルと大根の浅漬けのようなもの、オイキムチが出て来ました。
わーい、韓国料理っぽい(^^)
180216_81.JPG180216_82.JPG

セットのピザのようなもの?が出て来ました。アーモンドスライスが載ってて、小皿に入ったはちみつをつけて食べるというデザートのよう。美味しい!
180216_83.JPG

メインのサムギョプサル(^^)
180216_84.JPG

付け合わせの荏胡麻の葉と酢漬け大根スライス、辛い味噌?と生ニンニク。
180216_85.JPG

お店の方が焼いてくれます。辛そうだけど、美味しそう。
180216_86.JPG

巻いて食べます。辛さがうまさ、大根スライスが少し辛味を和らげてくれるけど、
180216_88.JPG

やっぱりご飯を頼んでしまいました。韓国海苔がのっててうれしい。
180216_87.JPG

お腹いっぱいになりました(^^)
ハードスケジュールなツアーなので、Fちゃんは一旦宿に戻りました。

私はバルセロナ旅の旅友さんたちと宿が近かったので、このあとお茶にご一緒させて頂きました。
久しぶりに再会して、羽生氏復活&SP1位を喜び合い、またまた近くのカフェへ。
ご同行の方の頼んでいたケーキセット、ケーキもドリンクサイズも大きくて、ちょっとアメリカっぽい。
20180216_91.JPG

旅友さんと私はちょっと注文が違ってしまったけど、面倒なのでそのままにしたチーズケーキ。
20180216_92.JPG

いろいろおしゃべりさせて頂き、楽しかったです(^^)
どうもありがとうでした。
明日の応援も頑張ろう!と誓いました。

その後、朝食とお土産を調達しにコンビニへ。
入口にデーンとあったこの商品群はお正月用のものらしいです。
20180216_93.JPG

お土産に買ったのはこんなスナック菓子、カップ麺は宿の朝ごはん用のもの。
20180216_94.JPG


韓国らしい食でした(^^)
nice!(1) 

平昌オリンピック 男子シングル観戦(5)SP後半 [フィギュアスケート観戦旅行]

いよいよ最終G。SP100点越えを持つ選手たちが続々と姿を現します。
20180216_37.JPG

選手紹介の羽生氏。すごい声援!もちろんワタクシも叫んでいました。
気合の表情。
20180216_38.JPG

6分間練習もあちこちでクワドを跳ぶので目が2つでは足りない。
オーサーコーチも教え子2人が同じグループでは大変だから、ブリアンコーチもトレーシーさんもいるのか(^^;
20180216_40.JPG

わりと良く撮れた写真(^^)
20180216_39.JPG


羽生氏は1番滑走。6分間練習が終わると、いつものようにかがんで、後ろ向きでリンクに飛び出して行きました。
20180216_41.JPG20180216_42.JPG

バラード1番の冒頭、オリンピックマークと。息をつめて見守る、恐らく数千人もの観客。
20180216_44.JPG

冒頭の4S完璧、後半の4T+3Tも!そしてもちろん盤石の3Aも!!!!
難易度は落としていますが完璧な演技、素晴らしい!!
会場も大歓声。そしてプーの雨が降り注ぐ。
20180216_45.JPG

望遠レンズでは俯瞰写真が撮れなかったので、集められたプーの山を。
20180216_46.JPG20180216_47.JPG

本人もコーチも納得の表情。ケガと約3か月のブランクを乗り越えての素晴らしいパフォーマンス。
さすが羽生結弦です。かっこよすぎです(>_<)得点も111点を越えて、パーソナルベストに迫る点数。
20180216_48.JPG

SP暫定1位。
次はネイサン・チェン(USA)
4Lzで転倒すると、4Tステップアウト、3Aもお手付きで、まさかまさかのSP17位。
「どうしたネイサン・チェン!」
20180216_49.JPG

ミヒャエル・コリヤダ(Olympic Athlete from Russia)
冒頭4Lz→3Lzになり、4T転倒でコンボなし。メダル争いから遠いSP6位。
20180216_50.JPG

宇野昌磨(日本)
団体戦でも見せてくれた安定の104点越え、SP3位。
20180216_51.JPG

ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
アップライト・スピン以外はGOE2と3の圧倒的加点で107点越え、SP2位。
20180216_52.JPG

ボーヤン・ジン(中国)
最終滑走、クワドジャンパーの名に恥じない安定のジャンプで103点、SP4位。
メダルを争えるのはここいらまでか?
20180216_53.JPG


ネイサン、コリャダくんの大崩れは予想外だったけれど、やはりオリンピックにピークを合わせてきている選手が多く、見応えありすぎでした。
日本に複数メダルをもたらしてくれそうな昌磨君、オリンピックメダルの欲しいハビの完成度の高い演技。ボーヤンのクワドジャンプの安定感も。

何より、ケガと試合勘の不安もふっとばす羽生氏の完璧な演技。
オリンピック2連覇にググッと近づいた感のあるショートプログラムでした。

nice!(2) 

平昌オリンピック 男子シングル観戦(4)SP前半 [フィギュアスケート観戦旅行]

いよいよショートプログラム開始!
せっかくのオリンピックなので、オリンピックマークと共に写ってるのを中心に載せておきます。
いつも通りプログラム冒頭のみの写真です。
羽生氏の写真はSP後半記事に載せるので明日をお待ち下さい(^^;

ビンセント・ジョウ(USA)
JrGPFで観戦していた選手。シニアデビューのオリンピックSP12位。
20180216_21.JPG

デニス・テン(カザフスタン)
前回ソチ五輪の銅メダリスト。今期けがで振るわずSP27位、FPに進めませんでした。
20180216_22.JPG

マイケルクリスチャン・マルティネス(フィリピン)
南国からの冬季五輪参加選手。引退を撤回しての出場!頑張った。SP28位。
20180216_23.JPG

ハン・ヤン(中国)
雄大な3Aが持ち味でGOE満点!も4Tで転倒、SP19位。
20180216_24.JPG

ジュリアン・ジー・イー(マレーシア)
南国からの冬季五輪参加選手その2。SP25位で惜しくもFPに進めず。
20180216_25.JPG

ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
今期初観戦。大きなミスなくSP16位。
20180216_26.JPG

モリス・クビテラシビリ(ジョージア)
ロステレ杯、新潟の公開練習でもお目にかかりました。4S転倒、でも他は決めてさすがエテリ組。SP22位。
20180216_27.JPG

ミハル・ブレジナ(チェコ)
SPは鼓童の曲。4S+2T決まってSP9位!(^^)
20180216_28.JPG

チャ・ジュンファン(韓国)
正面向いてる写真を探したら、イマイチな写りだった(^^;;
クワドレスな構成ですが、各要素キッチリ決めてSP15位。さすがクリケ組。
20180216_29.JPG

ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)
引退を撤回してのオリンピック出場。クワドレス、出来栄え勝負でSP14位。
20180216_30.JPG

ドミトリ・アリエフ(Olympic Athlete from Russia)
仮面舞踏会、ロシアの正統派衣裳似合いますね~(^^)
20180216_31.JPG

4Lz+3Tも4Tもクリーンに決めて98.98点の自己ベスト!でSP5位。
20180216_32.JPG

田中刑事(日本)
横顔しか撮れなかった(^^;
4S転倒、でも抜けた団体戦より進歩。FPでは跳べる!他はキッチリ決めて、SP20位。
20180216_33.JPG

デニス・バシリエフス(ラトビア)
やっぱりコーチとの2ショット撮らないと(^^;
20180216_34.JPG

クワドレス構成、3A転倒もステップスピンレベル4でSP21位。
20180216_35.JPG


いよいよ最終G前の製氷タイム。
製氷後のリンクが一番オリンピックマークが良く見える。ザンボ(製氷機)もオリンピックデコレーションできれいです(^^)
20180216_36.JPG


nice!(2) 
前の10件 | -