So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

片付け2017(7・終)実家にしまってあったもの [整理整頓と片付け]

実家で見つけた不用品の処分顛末を、最後に記そうと思います。

実家の自分の部屋の天袋に、こんなボロボロの包装紙に包まれたものが3個しまわれていました。
hikidemono.JPG

かけ紙に書かれていたのは、亡くなった祖父の名前。

箱を開けてみると昔っぽい華やかな柄のアクリル毛布が入っていました。
(写真に撮り忘れたので、画像はありません(^^;)
母に聞いてみたら、「この家の新築祝いの引き出物で、昔は家で宴会をしていたし、人数も不確定だったから足りなくないように、余分に買っておいたもの」とのこと。


実家が新築だったのは45年前。実に45年間、2度の地震でもビクともせず自分の部屋にしまわれたままだった毛布3枚。
おそるべし、田舎の家です(-_-;


住んでいた頃は全く天袋など気にも留めなかったので、そのままだったのでした。
祖父が亡くなった時は、県外に住んでいたのであまり見舞いにも帰ることができず、不義理していたことを思い出しました。せめて祖父の供養にこれを何かに役立てて処分しようと決めました。


毛布の寄付先を調べてみると、ペットの支援団体でも募集していたようですが、海外へ送るのが一番使って貰えそうな感じでした。
衣料品の収集、支援でも実績のある、こちらの団体が良さそう。
  日本救援衣料センター

丁度不要の衣料品と一緒にまとめて、
hikidemono2.JPG

送付先まで送りました。
送料も自己負担、さらに海外への送料の寄付も必要です。
一番出費が大きい処分でしたが、これで少しは祖父も喜んでくれるかなあ。


後日、寄付額の振込用紙も送られてきました。
hikidemono3.JPG

振り込むと、寄付証明書も届きます。税控除申告に使えます。
hikidemono4.JPG


じいちゃんの毛布、どうぞ世界のどこかの誰かの役に立ってくれますように!

nice!(2) 

片付け2017(6)香水 [整理整頓と片付け]

古くなった化粧品は燃えるゴミ、または不燃ごみにして処分できたのですが、処分方法に悩んだのが、オードトワレや香水でした。

ネットで処分方法を検索すると、
 「ビニール袋に布や紙を入れて、それに染み込ませて燃やすゴミとして捨てる」
とありました。


実はもう随分前から処分したかった古いトワレがあったのですが、容器から液体を出すことができず、かと言って使い切ることもなくそのままでした。
ひねっても何しても空けられないので、これはもうスプレー口を破壊するしかないんだ!?と気が付き、実行。
perfume2.JPG

ペンチでアルミのスプレー口を切り、ひっぱったりねじったりして破壊できました。
捨て方通りに燃えるごみにして処分完了。

社会人なりたてくらいの時に買ったんだったかな?
数年で使わなくなったんですが、その時からずーーーっと捨てられず持っていました。
「破壊する」という発想がなかったんですね。
そして中身が入ったまま捨てることもできなかった。。。小市民です(^^;


もう一つはパフューム、香水です。
perfume1.JPG

こちらももう使っていなかったけれど、高かったしもったいなくて捨てられず、やはり持ち続けていました。
いい加減処分しよう!と思い検索すると、古い香水でも買い取ってくれるところがあるではないですか!!

ネットだけのお店はちょっと心配なので、実店舗のあるところを選び、無料で送って査定してもらいました。
査定額は微々たるものでしたが、捨てるよりマシかなと思い買い取ってもらいました。
処分完了です(^^)



捨てるのも難しいモノがあったり、捨てられなくてバザーに出したり、リサイクルショップへ持って行ったり。
リサイクルショップは手ごろなんですが、思いがけず査定が低かったり、時には高かったり。
結構がっかりすることが多いです。
不用品の処分はフリーマケットが一番好きなんですが、今はなかなかタイミングが合わず参加できていません。
フリマに参加していたのは、もう10年も前なのか~
6年前の参加が最後みたい。

nice!(2) 

片付け2017(5)洋服 [整理整頓と片付け]

本多さおりさんの本によると、洋服は写真に撮って管理している、とのことでした。
そして洋服の数については、多すぎてもコーディネイトしにくく、似合うものを少なく持つことが大事、という内容の記事も沢山見かけます。


私もこの方法で管理しようと、写真を撮り始めました。

先ずは夏物。今タンスの中にあるものを出して、並べて、写真を撮って、、、と2~3着づつ作業していきましたが、なかなか終わらない。
日が暮れる前に冬物もと思いましたが、断念して翌日に作業。
靴下や帽子、ストール、手袋、カバンも撮りました。
一部ですが、こんな感じ。
wordrobe.jpg

写真にして約80枚、1枚に2~3着写ってるので150アイテムはあるでしょうか?


それほどおしゃれに拘りはないですし、リフォーム後も少し処分していたので、こんなに沢山持っていたとは驚きでした。客観的に見るって大事ですね。
洋服を減らそう!と決心できました。


夏物はこの夏袖を通さなかったもの、仕事用だった服でこの先もう着ないだろうものを手放すことしました。
また、並べて写真を撮ると、似たようなものを複数持っていることに気が付きます。
なので一つを選んで他は手放す判断もつきました。この方法のメリットですね。

冬物も、これは着ていてうれしくないなというものを手放すことにしました。
「ときめくか、ときめかないか」ですね(^^;

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

  • 作者: 近藤麻理恵
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2010/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


そんなこんなで手放すことに決めた洋服の行先は、以下の通り。


 1.リサイクルショップ
goodby3.JPG

夏物も冬物もいっしょくたに持って行ったら、「季節外のものは1点1円になります」とのこと。
さらに「状態がよくないので値段がつかずこちらも1円です」というものが数点。。。(-_-)
1円査定はあまりにも悲しいので持ち帰り、その季節の買取が始まったらまた持って行くことしました。
状態が良くないと査定されたものも、アイロンをしっかりかけて、少し繕いをして別のリサイクルショップに持って行ったらちゃんと値段が付きました。

値段がつくということは、欲しいと思う人がいるだろうということ。
誰かに着て貰えるといいなと思います。


 2.福祉施設の古着収集へ
goodby4.JPG

福祉施設でウエスを作成するための古着を受け付けています。これは基本は「綿衣料品」です。
くたびれたシャツやカットソーはこちらに持って行きました。
誰かの何かの役に立ってくれるのなら、手放すにも後悔がありません。
goodby31.JPG

今まで手放せなかったTシャツたち。今回は決心がつきましたが、記念にここにUPしておこう。


 3.自宅用ウエスに
Tシャツや肌着などは手ごろな大きさにカットして使い捨てウエスにしています。
キッチンの水回りやレンジ周りの油汚れなどを拭いて、汚れたらゴミ箱にポイっ。
最後まで役立ってくれてありがとう!という感じです(^^)


洋服を手放したことで、キツキツだったタンスがゆったりして、取り出しやすくなりました。
それでも、まだまだ手放す決心がつかない服が沢山。
まずは、
  「新しく買うなら手放してから」
を実践して行こうと思います。

nice!(2) 

片付け2017(4)納戸 [整理整頓と片付け]

家には結構収納力のある納戸があります。
しまわれているのは、
 ・冬の暖房用品(ファンヒータ、ストーブ、こたつ、ホットカーペットなど)
 ・クリスマスツリーや五月飾りなど季節の飾り物
 ・スーツケース
 ・アウトドア用品
 ・引き出物の食器やタオル類(未使用品)
 ・掃除用具
 ・使うかもしれない空き箱
などなど、雑多です(^^;


このうち、引き出物などの「未使用品」が結構な場所をとっていました。
リフォーム後も見返していたはずなんですが、今見ると「これはこの先も使わないだろう」というものが色々。
引っ越して十数年、もっと早く気づいてもよかったなあ。

ということで早速リサイクルショップへ。
goodby2.JPG

今は値段のつかない物も1円で引き取ってくれるんですね。
義父の実家の片付けで貰ってきた古い兜飾りがあったんですが、捨てるに忍びなく、かといってバザーに出すのも憚られ、持て余していました。
これを引き取ってもらえたのはちょっとほっとしました。
「捨てる」ことへの罪悪感が少し減ります。
どこかで役に立ってくれれば一番いいのですが、廃棄されてしまうのかもしれませんね。


容積の大きかった綿毛布2枚が無くなったことで、手の届きやすい場所が結構空きました。
ここに使わないけど捨てるのは忍びない食器などをしまおうと思っています。
まだまだ見直す余地の多い納戸、一先ずはここまででした。

nice!(2) 

片付け2017(3)食器棚 [整理整頓と片付け]

本多さおりさんの本を読んで実践しなくては!と思ったのは、使うものの頻度に合わせた収納。
食器棚もクローゼットも納戸もモノが増えてきて、しまいにくいし、取り出しにくくなっています。

食器棚を見ると、
 「ほとんど使っていないけど、食器棚にそのまま置いてある浅漬け用器」
 「気に入って買ったマグカップよりも、景品で貰ったものが取り出しやすい場所にある」
 「沢山あるモロゾフのプリンカップをコップに使っていて場所をとっている」
などなど、使う頻度と取り出しやすさという点ではNGな状況。

さらに
 「気に入っているけれど取り出しにくくて、あまり使っていない食器」
があったり、納戸には
 「子どもが食器を割らないようになったら使おうと思っていた大皿」
がしまわれていたり。。。
大皿は割れても気にならないものを使っていました。


あるから使っている食器のせいでお気に入りの食器が使えていない状況だったことに改めて気が付きました。


こうなったら食器のリストラしかありません。
プリンカップは少しだけ残して、ビン・缶のごみに出しました。
景品のマグカップやお皿、かつて使っていたけれど今は趣味に合わない食器は不燃ごみに。
funenn.JPG

他にもキッチンしまわれたままになっていた空き缶や使わない調理器具なども一緒にサヨナラ。

まだ使える食器を捨てるのはやはり気が引けました。
引き出物や頂き物は、その気持ちだけを有り難く受け取って、モノとしては本当に使って貰えるところへ手放すことにしようと思います。


それでもまだまだ食器は多く、スッキリにはほど遠いのですが、これからは気に入ってるお皿の登場回数を増やしたいなと思っています。
favorit.JPG

nice!(2) 

片付け2017(2)バザーへ出したもの [整理整頓と片付け]

先ずはバザー用品の収集に出したもの。
左:子供用品やおもちゃ、中:家では使わない家庭用品、右:児童書や絵本
goodby1.JPG

リフォーム後の片付けでおもちゃなどはまとめてあったのですが、去年のバザーに出しそびれてしまったのでした(^^;
そこにプラスして、今年の片付けから出たものがあるので、ちょっと多くなった感じです。

実家の風呂釜では使えないからと、貰ってきた入浴剤とか、
bazzar1.JPG

1回しか使ってないリュックとか、
bazzar2.JPG

中学に入って使わなくなった鉛筆とか、
bazzar4.JPG

児童書とか。
goodby11.JPG

ホッツェン・プロッツシリーズは自分も好きな話だったので、ちょっと躊躇したけれど、誰か読んでくれるといいな。


バザーに出せるものは決まりがあるので、不用品の中からそれに沿うものを選んでいきました。
収集対象は、
  ・未使用の贈答品(家庭用品)
  ・状態の良い、本、コミックス、児童書、文具、玩具、ぬいぐるみなど   です。
基本は「子供が買物して楽しいもの」だと思っています。

キッチンで使ってなかった細々したものは、小学校高学年くらいの女の子なら欲しがるかなあ、と思って透明袋にまとめてリボンを付けてみたり、景品だけど保冷バックは小学生なら使うかなあとか。
意外と子供たちは「お母さんがよろこぶから」と家庭用品も買って行ったりするようです(^^)

わが家の不用品だけど、子供たちが楽しんで買物してくれるといいな。

nice!(2) 

片付け2017(1) [整理整頓と片付け]

リフォームした一昨年にかなりモノを減らしたし、収納も増えたのであまり積極的に片付けをしていなかったのですが、この本を読んで俄然もっと片付けよう!という気になりました。

暮らしのつくり方 ~整った暮らしの先にあるもの

暮らしのつくり方 ~整った暮らしの先にあるもの

  • 作者: 本多 さおり
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/06/25
  • メディア: 単行本


そして、Amazonレビューで評価の高かったこの本も借りました。
私には↓こちらの方が片付け意欲が高まる内容でした。

片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)

片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)

  • 作者: 本多 さおり
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2012/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



広くて新しい家に素敵な家具や食器で彩られたおしゃれな暮らしもいいけれど、狭ければ狭いなり古ければ古いなりに自分らしく工夫している暮らしに惹かれます。
自分の暮らしを振り返ると、モノが多すぎて取り出しにくかったり、隠す収納のところはごちゃごちゃのままだったり、掃除はさぼりがちだったり、色々反省点が出て来ました。

そして、ネットを検索すれば素晴らしく美しく収納を工夫している部屋が出て来ます。
こんな風にすればスッキリ見えるんだ!と目からウロコでした。
今は就職をあきらめて家にいるので(^^;、もっと家族も片付けやすく、掃除しやすくしなくちゃ!

丁度小学校のバザー用の不用品収集もあるので、毎日少しづつしまったままになっているものをひっくり返して、残すもの、処分するものを分類していきました。
そんな今年の片づけをちょこっと綴ろうと思います。

nice!(3) 

ごみ箱と鍋つかみ [整理整頓と片付け]

「作ったもの」っぽいけど、あまり作っていないので「片付け」カテゴリに。
古くなったものを処分して、しまってあったものを使うのは「片付け」だと思ってるんですが、普通は違うかも(^^;

前に作ったクラフトボックスっぽいテイストのこれは、
trashbox1.JPG

ごみ箱2つを入れる外箱です。不燃ごみとビン・缶用です。
trashbox2.JPG


今までもダンボールで作ったものでしたが、汚れてきたので新しくしました。
写真に取るために、ゴミ箱も洗いました。これって片付けの二次効果(^^)


そしてやはり10年以上前にリメイクした鍋つかみが汚れてきたので、新調しました。
リフォームして買い替えたオーブンについていたものですが、真っ黒でつまらないので、
oven_miton1.JPG

studio mのネットショッピングのおまけの布を、ちょこっと縫い付けました。
oven_miton2.JPG

キッチンもかわいい感じから少しシックになったかな?
oven_miton3.JPG


nice!(3) 

ウォールポケット [作ったもの]

小ネタのリメイクです。
ダイニングチェアのカバーが擦り切れてしまいました。
wallpocket00.JPG


座面は擦り切れましたが、背もたれ部分はまだまだきれいでしっかりした帆布なので、なにか作れそう。
ということで、やはり10年以上前に作ってくたびれてきたウォールポケットを新調しました。

白い壁に白いポケットなので、うまく写真に撮れません(^^;
wallpocket01.JPG


合わせて洗面コーナーのシンプル化を図ろうと思っていますが、まだまだ途上です。
よくインテリアサイトなどで見かける、きっちり白い収納ケースでそろえた様子にも惹かれるんですが、自分には無理そう。
必ずどこか雑然としたイメージになってしまいます。
まあ、あまり生活感丸出しでなければいいかな、というレベルです(^^;

nice!(3) 

BOXティッシュケース [作ったもの]

久し振りにUPします(^^;
カテゴリを「整理整頓と片付け」と「作ったもの」のどちらにしようか迷いましたが、多少は作っているのでこちらにしておきます。

昔作ったBOXティシュケース
ずっと使っていましたが、さすがにもう11年も前のものなので新調することにしました。

簡単に作れそうなので、使いみちがなかったキッチンクロスからリメイクしました。
tisshcase01.JPG


クロスを半分に切って、折りたたんで下側になるところを縫って、入れ口にボタンとループを付けました。サイズは大体で作りはじめましたが、ちゃんと計って縫うべきでした(^^;
tisshcase02.JPG

中身を入れるとこんな感じ。
tisshcase03.JPG

ループの一つはクロスについていたものをそのまま利用しました。
tisshcase04.JPG

もう一方のはショッピングバックの持ち手です。

必要なものが出来たとき、布で作れそうな物は手持ちのものでなんとかならないか、つい考えてしまいます。

nice!(2) 
前の10件 | -